Skip to main content

Posts

Showing posts from December, 2013

アメリカ村 12/28/2013...

先日アメリカ村の病院系カフェ?のAnamuneさんと同じビルのサイケ系の雑貨屋さんのKOOさんに行ってきました。

久々のアメ村で両方ともインパクト強いお店でした。

サイケでヒッピーなKOOさんはインドやタイやアメリカに旅してられて懐かしいので色々話させてもらいました。

その後ビレバンに少しよって次のところに行きました。

来年もまた行こう〜。



















年末の過ごし方。。

自由業なのにいつも何かに追われているので今年の年末は久々に映画をレンタルしてゆっくり見ることにしました。その間は「自分の時間」、ということで。。
最近レンタルも映画館もあまりしてないし。。
小さな年末年始のリラックス的な。。

昨日ツタヤで旧作4作1000円のキャンペーンをやっていて、思わず4枚借りました。
ポイントがたまっていたのでそれでレンタル。
おまけに1000円以上レンタル・購入した人にはくじ引きがあり、引いたらプレゼント応募の権利と次回お買い物時のポイント30倍の権利が!!
レジのお姉さん、思わず「それ、一番多いやつです。おめでとうございます。(^D^)」
と言ってもらいました。

思わず心の中で、(30倍返しだ!!)と言っていた。笑

今日は前から見たかった、「しあわせのパン」を見ました。
原田知世ちゃんと、大泉洋さんの北海道のパン屋さんの話。。
シンプルな内容だけど、ほっこり癒されました〜。


しあわせのパン宣伝部のブログ
http://ameblo.jp/shiawasenopan/


ヨーロッパ人が好きなフレーズ --- TV スペイン語講座から

イタリア人、「夜は必ず明けるもの」
      「人生を生きよ 一日一日を大切に」

ドイツ人、「早起きの鳥は虫を捕まえる」
    「調理したての熱さのまま食べることはない」
    (冷静になれということ)

フランス人、「愛とは現実という閃光が現れたとたんに消えるかすみのようなものだ」
    「行き過ぎの道は賢哲の館へと通じる」ウィリアム ブレイク

スペイン人、「またいつか」Hasta siempre.
    「どれだけ学んでもマエストロにはなれない」
    Aprendiz de mucho y maestro de nada. (謙虚さ)
    「私は灌木より楽しい気分」
    Estoy mas a gusto que un arbusto.

First time snow in this winter

First time snow in this winter
今年の冬に始めて雪が降りました。






street art 12/14 Osaka JP

I found that with ISO and shutter speed I can erase human that passed in front of me. lol

ISO値とシャッタースピードで前を通っている人が消えた!笑

(普通は人が通り過ぎるのを待って撮っていたのだけどこれはわざと残像残すのも面白いです!)





when ho lee 李文和 さんの2012年の出来事。

ふと思い出した出来事があります。
2001年のNYのテロの後、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジにもテロが(飛行機で)落ちてくるという噂があり、ニューメキシコ州の学校に奨学金をもらい、移り住みました。バブルの時は日本人はどこにでもいたのにその時は日本人の生徒は自分しかいませんでした。アウェイ感の中一応友達も出来ましたが、ニューメキシコ州南部のロスアラモスで、ある出来事がありました。それ迄知りませんでしたが、ロスアラモスは原爆実験を行っているところで、日本の原爆を落とした原爆も作っていたところでした。ある日系ネィティブアメリカンの写真作家が(また改めて紹介しますが)原爆と先住民テーマの作品を作っていました。
そこで台湾系中国系アメリカ人の原子力を研究している学者がいて、中国のスパイの疑いではないかという疑いで逮捕されました。テロのすぐ後のタイミングもあったのでしょうか。。http://en.wikipedia.org/wiki/Wen_Ho_Lee
when ho lee 李文和という人でした。彼はアメリカ国籍も持っていて国のために研究して来たのにスパイな訳がないと、ずっと無実を訴えましたが、逮捕されて9ヶ月間拘留されました。ニューメキシコ州だけの問題が結構大きな国の問題に迄なり、結局調べた結果無実がわかり釈放されました。その時にニューメキシコ州のアジア人に対する偏見(自分も少し受けたのですが)を感じ、そして原爆実験に対する意識がわかってしまったので、学校も奨学金もらたし、良くしてくれた恩師もいて、いいところもあったのですが、結局人種が多くリベラルな風潮のカリフォルニア州の方が居心地がいいと思ったので、またサンフランシスコに戻りました。
ちなみに住んでみてニューメキシコ州は景色もきれいで先住民の文化があふれていて、アンセルアダムスなど写真家やアーチストにも人気の場所でその分は良かったのですが、クリスチャン色が強く、白人優位の保守的な場所だと言う印象でした。住んでいる人は先住民もラテン系も混ざっていて多文化の場所だと言っていましたが。。
ビデオを見てもらったらわかると思いますが、(英語ですが)当時有罪にした裁判官はリーさんに謝りました。中国人であることに偏見があったことも認めました。これを見て何か感じることがあれば、と思います。
http://youtu.be/7MuS7…